2012年05月15日

高裁の判決

ご報告しなければと思いつつ書けませんでした。

12月にやっと公判が行われ、証人尋問にも立ち、意見陳述もしました。
高裁の焦点は、被告に真摯な謝罪が認められるかどうか。
被告側は、『裁判2日前』になって『自分の保釈に使った金200万』を謝罪のために払うと申し出、一週間に一度の献花を事故現場にしているという。
それが一審では『真摯に謝罪しており、実刑に処すには忍びない』と執行猶予になりました。
でも、自分の保釈に使った金を?
しかも、裁判の直前に?
私がそのことを知ったのは、裁判前日の午後です。
ものすごくショックだった・・・
金銭の申し出だけで気分が悪いのに、直前だなんて裁判での減刑を狙っているとしか思われず、ひき殺した夫に申し訳ないなんてかけらも思ってないってことです。
それに、村田千香子裁判長が「飲酒運転するとどういうことを引き起こしますか?」と聞いた時、被告は「自分の家族に迷惑をかける」と一言だけ言ったのです。
人の命を奪ったことも、その遺族の人生を生き地獄にしたのも、全く考えてはいない。
それが真摯な謝罪?
実刑にするのが忍びない
私は、国語辞典で『忍びない』という言葉を調べました。
『我慢できない。耐えられない』とありました。
わたしは裁判中、「裁判は感情を話す場ではない」と司法関係者から言われ続けてきましたが、忍びないとは感情なのではないですか?
それとも、市井の一国民には計りかねる法律的意味合いでもあるのでしょうか?
日本の刑法は被告有利が基本精神です。
被害者は存在しない。
遺族も存在しない。
存在しないものが感情を持ってはいけない。
被告が事故を悲しんだり反省したりするポーズをとるのは大いに結構。
情状酌量されます。
そんなクズのような日本の司法に「お前はクズだ!!」と叫びたかった。
「被害者も遺族もいて、毎日生き地獄であがいているんだぞ!!」と叫びたかった。
「その生き地獄を作り出したのは、被告自身だぞ!!車が引いたんじゃないんだ!」と叫びたかった。

(書いていて、ものすごくつらい。
書ききれるかどうかわかりません。
書く前に抗うつ薬は飲みましたが、ぜんぜん効いていない感じです。)

もちろん、司法関係者すべてがクズだとは言いません。
熊谷地方検察の渡邉検事には、言葉にできないほど感謝しています。
高裁の検事から伺いましたが、控訴するには弱かったものの、一枚一枚手書きの嘆願書、4000枚の署名、そして、渡邉検事がものすごく憤ってくださったことが控訴決定の決め手になったのだそうです。
人を動かすのは人だと思いました。

さらに憤りを感じたのは、執行猶予になった途端、謝罪文を送ることも200万の誓約書もぱったり来なくなったのに、控訴が決まった途端、またあからさまに送りつけてきたことです。
自分本位。
人の痛みなど全く考えられないのでしょう。
9月には現場の草刈りにも行ったんだそうです。
わたしが6月に献花に行ったとき、現場は雑草だらけで、献花はしたのかもしれませんが、真っ黒に腐った花の残骸がそこらに投げ捨ててあり、ひどい状態でした。
前日にラン仲間さんが追悼ランに訪れてくれた時は、もっとひどいごみ溜めだったそうです。
高裁ではそこも争点になりました。

証人尋問に立った時、6月の状態を話しました。
被告人弁護士が、「雑草の種類はなんでしたか?あなたが草刈した面積は何平米でしたか?」と聞くので、「そんなことが事故と一体何の関係があるのですか?」と突き放しました。
「私の質問には、はい・いいえで答えてくれないと困ります」などと言うので、こいつはバカなのだと思いました。
裁判長に「何を聞きたいのか趣旨がつかめません」と言ったところ、「弁護人はちゃんと質問をするように」と苦笑されていました。
弁護士は金で雇われて依頼人の便宜を図るのが仕事。
とはいえ、やはり人間性に優劣はあると思います。

高裁はたぶん1回では終わらないと聞いていましたし、意見陳述もほとんど認められないと聞いていたので、準備をしていなかったのですが、結局、その日のうちに結審してしまいました。
裁判長が「では、これで・・・」というのを聞いて、検事があわてて「被害者遺族の意見陳述を」というとあっさり認めてもらいました。
何を話したか覚えていません。
でも、「一審の裁判を見て『こんなものが裁判なのか』と思いました」と言ったことだけは覚えています。
その時、裁判長が一瞬ひるんだようでした。

法廷から出てきたとき、通路で大勢の傍聴人の方たちが待っていてくれました。
みんな、静かに私を見守ってくださいました。
その瞬間、ああ、私は勝ったのだなと思いました。
何に勝ったのかわからない、でも、投げることなくやり遂げた、応援してくださる方たちがいた、亡くなった者が帰ってくるわけではない最初から虚しい戦いだったけれど、ゼロではなかったのだと・・・

判決は1月末。
結果は、原判決破棄、実刑二年でした。
熊谷の裁判と違って、とても長い判決文でした。

それでもたったの二年です。
これが、今の刑法で市井の一国民、社会経験も大してない私に合法的にできる精一杯のところです。
被告は今、千葉県の刑務所に服役中です。
電車に乗ればすぐです。
面会はできるのでしょうか?
面会して何か言うことが・・・?
死人に何を言っても無駄でしょう。
自分で考えることのできない人間は生きているとは言えない。
息はしていてもただの歩く死人です。

結果報告とお礼が大変遅くなってしまいました。
応援してくださった皆様。
署名してくださった皆様。
嘆願書を書いてくださった皆様。
傍聴に来てくださった皆様。
本当にありがとうございました。

なんとか最後まで書ききることができました。
判決の夜、夫のアドレスにメールを送りました。
すぐに「アドレスが見当たりません」と返信が来ました。
posted by とんべり at 16:03| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | タヒチ走遊会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

家族紹介

我が家のわんにゃんをご紹介♪

003.jpg
長女ティア。
むんむんとオンナを感じさせる悩殺ポーズがお得意。
私も入るのを遠慮する飄々の部屋のベッドの上で、よくこのかっこで寝そべっている。
あんたはほんとに(笑)

DSC_1227修正.jpg
次男アル。
私の後ばかり追いかけまわして、かわいいんだけどしんどい(笑)

DSC_1044.jpg
三男ノイ。
男前なのに〜〜
どうしてゴミ箱荒らしと盗み食いばかりするかなー(笑)

007.jpg
飄々が気に入って買ったIKEAのアームチェアでおくつろぎの最中。
「オレの椅子なのに!」と怒りつつも「絵になる」と飄々(笑)
予想どおり、クッションは猫の爪とぎになってますな・・・

004.jpg
しょっちゅう兄弟げんかするけれど、すごく仲良しのふたり。


posted by とんべり at 15:18| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | わんこ&にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月30日

一睡の夢 長い夢

1333629679520コピー.jpg


事故から1年経った。

今日はレースのスタート日である。

私の悪夢の始まった日だ。

この1年、とても長かったような、でも一瞬だったような・・・

覚めない悲しい夢の中を、ただ、ひたすら、歩んできた気がする。

今朝はマグナム級の鬱状態で目覚めた。
薬で気絶している間に一生が終わってくれたらいいのに、と思いつつのそのそ起きだしてきたら、アニマル3兄弟がいそいそとお出迎え。
しかも、遺伝子に『野良』と書き込まれているノイは、いつもの様に夜中に人のパンを盗み食いしていた(笑)
物言わず、私を元気にしてくれるわんにゃんたち。

今日も1日を生き始めようと思う。
マンションの大規模改修が一段落し、ルーフバルコニーに植物を戻せるようになった。
GW中に100鉢弱の植物を搬入しなくてはならない。
無機質なバルコニーに命を吹き込む作業の始まりだ。

庭の再生を願い、タイトルを改名することにした。
タヒチ語で『天空の庭』・・・のつもりである。
ラピュタの園丁ロボットになりたいとずっと思ってきたが、残念なことにスイッチが切り替わり戦闘ロボットになってしまった。
道具は使いよう、人は生きざま。
戦闘ロボットは悲しすぎる。
死んでしまったものを惜しみながらも、自分の周りに在る生命を育んでいこうと思う。
ついでに名前も変えることにした。
タヒチ語で『踊る鳥』・・・のつもりである。
体の続く限り踊って踊って踊りまくろう。
posted by とんべり at 12:06| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月16日

わんこ襲来!!

ついに、わんこがやって来た!!
前日までダンナの実家に行っていて、その間、ティアはホテルに預けていた。
帰りの高速バスが渋滞で2時間強遅れたが、ホテルに頼み込んで、その日の内になんとかお迎えに行けた。
なにしろ、離れていた二晩とも猫の夢を見たくらい恋しい。
息子も禁断症状だと言っている。
彼女が我が家に来てひと月、どれ程、私たちの暮らしに深く入り込んだかよくわかる。

翌日昼前、アルさんが到着。
バスケットから出てきた姿を見て驚いた。
でかっっ!!
まだ2ヶ月なのに、もうこんなにでかいとは。
がっしりした前足で私の膝に爪を立て、シッポをちぎれるほど振りながら、すごい勢いで腕じゅうべろべろ舐めまくる。
用意したサークルに入れたら、興奮して跳ね回る!
ベッドをくわえて振りまわす!
サークルに飛びかかる!
閉じ込められるのを嫌がってがって吠える!
あわてて菓子折を持って、お隣と下のお宅に挨拶に行った(汗)
サークルから出せばおとなしくなるが、それに慣らしてしまうと
、必要な時、入ってくれなくなる。
しつけが身に付く6ヶ月までの間は、留守番はサークルの中と決めている。
仕事から戻るたびに、家の破壊工作が進んでいるようでは困るからだ。

サークルが自分の居場所だし、鳴いても甘えてもダメなものはダメとわからせなければならない。
わんこと人間の根比べである。

なんだか職場にいる気分だ。
私の勤め先は、0〜2才はママと一緒のレッスンなのだが、3才からひとりで参加するようになる。
この時、よく修羅場になるのだ。
ママと一緒じゃなきゃイヤだ、英語なんかキライだ、先生あっち行けと泣きわめき、暴れる。
そこを力づくで無理やり引き離し、鍵もかけて、チェーンもして、靴も高いところに隠し、教室に放置してレッスンを続ける。
この時、ヘタに構うと注目されたと思い、一層ひどく泣き出すのだ。
子どもはそういつまでも泣いているものではない。
早い子はママの姿が見えなくなった途端に泣き止むし、大抵30分も泣けば、甘えは通用しないと諦めてレッスンに参加してくるものである。
たまにひと月泣きとおす子もいて、ママが連れ帰ろうとするのを押し留めて「私が抑えている間に行ってください」とお願いしたことがある。
するとママはショックを受けた表情で「なによ!私は先生がかわいそうだと思って言ってあげてるのに、どうなっても知らないから!!」と走って行ってしまった・・・
ママは息子がぐするのが内心うれしいのである。
この子には、自分しかいないと思って満足なのだ。
ほぼ100%、親離れできない子の親は、子離れできていない。
偉そうなことを言っているが、私も母子密着のダメ母だった。だからよく分かるのだ。

私は、仕事の参考になるので、ダメペットを更正させる番組や動物を調教する番組をよく観る。
ああいう番組を観ると、動物を良くも悪くもするのは飼い主次第。
子どもを良くも悪くもするのは親と教師次第だと痛感する。
しかしまあ、仕事で培ってきたノウハウと忍耐力が、こんなところで役立つとは(笑)


一方、先住者であるティアはというと、意外と平気。
考えてみれば、ペットショップ暮らしが長く、売り場のわんこや飼い主様に連れられてやってくるわんこに慣れているわけだ。
平然と寄っていって、じろじろ値踏みをしている。
わんこは人間様にしか興味が無い様子。
そんなティアも妙に甘えてくるところを見ると、多少のジェラシーはあるのかもしれない。
このツンデレ娘〜♪

昨夜は、わんこが我が家で過ごす最初の夜だったので、夜鳴きしたらどうしようかと緊張した。
幸い、明け方に寂しくなって一回鳴いたが、私に叱られてすぐおとなしくなった。
騒ぐと言っても、まだチビ助なので、すぐに疲れて寝てしまう。
とはいえ、なかなか神経が疲れる。
体力も消耗する。
おまけに部屋が臭い。。。
気分は週末のお父さんだ。
騒いでないでなんでもいいから早く寝てくれ!!と必死に願うが、いざ寝てしまうと、寝顔がかわいくて、静かなのがちょっぴりさみしい(笑)

灯が消えたような我が家に、ティアがきて 明かりが灯り、アルさんが来て火事場のような騒ぎだ。
でも、しっかりしつけたアルさんを連れて公園で遊ぶ日が楽しみなのだ
DSC_0023.JPG

ちなみに、アルさんは人の足の指をしゃぶるのが大好き。
なんでか考えてみたのだが、閃いた!
私の指は、乳首じゃなーい!!
乳は出んぞ…
posted by とんべり at 11:50| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | わんこ&にゃんこ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

コレクション @

私は着道楽ではないので、持ち物にお金をかけない。
ダンナはアウトドア・ブランドの服をちょこちょこと買っていたが、こっちはブランド物には関心ゼロ。
だいたい、仕事柄、いいものを着る機会がない。
子どもはゲロは吐くし、おしっこは漏らすし、洟は垂らすし、服をつかんで引っ張るし(一度、幼稚園児に腰のベルトにぶら下がられて切れたことがある・・・)、ユニクロで十分。
同僚のマーティンとは、「私たち、ユニクロおじさんとユニクロおばさん!」と良く笑っている。
そんな人間なので、ジュエリーなどにも関心がない。
アクセサリーは好きなので、アクセサリーショップには足を運ぶが、ジュエリーショップは素通りである。
持っている宝石と言ったら、ダイアの婚約指輪とスイート・テン・ダイアモンド(古い!笑)のペンダントくらい。
どちらも自分で買ったものではないな。

だが、ブラックパールだけは別格だ。
タヒチ・フェチを自称するからには、ブラックパールは必須アイテム。
タヒチにハマった十数年前、ブラックパールを着けていたら、友人に「お葬式の格好して、どうしたの?」と言われた。
「南太平洋の美学が分からぬ日本人めが!(あんただって日本人ですって) 白けりゃいいってもんじゃないぞ!!」と憤慨したものだが、ここ数年でブラックパールに対する認識もずいぶん変わった。
葬式→オシャレに大昇格。
喜ばしい限りである。
とは言うものの、貧乏性なので高いものは怖くて買えない。
それでも、自分としては勇気を振り絞り、財布の紐を緩めて、ぽつぽつとコレクションしてきたものがこれである。
『コレクション』と大見得を切るには、お粗末なのだが…

IMGP5075.jpg

ブラックパールの良い点は、サークルがあろうが、えくぼがあろうが、ラウンドじゃなかろうが、まったく気にせず気楽に使えるところである。
アコヤと比べると敷居が低い。
もちろん、上を見れば限がない。
ピーコックの花珠でラウンド&10cm超えのネックレスなんて、超高嶺の花。
ファアッア空港で『たひち君』のユウコさんに会った時、ゴージャスなネックレスをしているのが印象的だった。
成功した女性の証という感じ(笑)
もちろん、その陰には大変なご苦労があった様である。
ユウコさんの苦労話を聞いて、タヒチ移住を諦めたくらいだ。

そんなゴージャスには無縁だがが、マイ・コレクションは私の宝である。
中でも一番大事なのが、初めて買ってもらったペンダントだ。
ランギのゴーギャンパールでルースを買って、銀座で加工してもらった。

IMGP5132.jpg

当時はまだNAOKO&まさはるさんご夫妻が働いていて、作業場を見学させてもらった後、販売所の方にも連れて行ってもらった。
すると、あるある!
パールのルースがお値段別の箱に入って、無造作にごろごろ置いてある。
ここでダンナの顔を見てニッコリ♪
「記念に1個くらい・・・いいよね?」
ご夫妻がいる手前、ダメとも言えない。
「どうせそうなると思ってたんだ」とぼやいていたが、けっこう熱心に一緒に選んでくれた。
ご夫妻には「日本人は淡いシルバーが好みですから」と勧められたが、私は断然、色の濃いピーコックが好きだ。
真正ピーコックは予算オーバーだが、あれこれ吟味して、濃いグリーンに赤味ののった好みのパールを手にすることができた。

↓次に買ったのは、ファカラバの帰り。
搭乗のドサクサにまぎれてダンナを口説き、ファアッア空港にあるパール店にあった一番安いピアスをゲット。
お店のおっかないフランス人マダムは、最初、小ばかにしたように私を見ていたが、スモールトークしてお勧めを聞いてみたら、案外親切に選んでくれた。

IMGP5135.jpg

しかし、フランス人女性は、どうしてあんなに強そうなのだろうか?
自立心があるからなんだろうけれど、日本人から見ると、有りすぎるほど迫力がある。
けれど、ランギで同宿したおばあちゃんは優しかったなぁ・・・
おばあちゃんと一緒に来ていた娘さんは、アラフォーらしく見えたが、トップレス&Tバックで日光浴していた。
おばあちゃん自体、赤のビキニだった。
さすがフランス人。

タヒチで買ったのは、上の2点。
その後、タヒチに行っていないので、日本でお買い物を楽しんでいる。

↓anapanapaさんが運営しているネットショップHaeremainaで、タヒチ直送の、コードを使ったカジュアルでオシャレなネックレスをゲット。
これは大きな球が4個も付いていて、カジュアル・テイストながらもけっこうゴージャス。
身につける機会が、なかなかないのが悲しい(笑)
色合いが全部違っていて、ブラックパールの色味の豊かさを感じる。

IMGP5140.jpg

↓これはホイケの時、R先生がまったくやる気がない様子でオープンしていた露店で購入。
ホイケの帰りにつけて、家に帰ったらパールがひとつ無くなっていた(涙)
しかたなくルースを買うことにしたのだが、その時、見つけたのが『真珠の卸屋さん』という格安ネット販売店である。
デパートの半額と謳っているが、確かに安いんじゃないかと思う。
以後、パールはここで買うことが多い。

IMGP5141.jpg

↓『真珠の卸屋さん』で一目ぼれした花珠パール。鑑定書つき。
といっても、そんなお高いものではない。
持っているのはカジュアルなデザインのものばかりなので、ちょっとクールな雰囲気のものがほしかった。
おそろいのピアスも誂えた。
これはダンスのレッスンにはしていけないなぁ・・・
職場も危険だ・・・
子どもはカラスと一緒で、光り物が大好きなのだ。
洟を拭いた手で触られたりしようものなら、もう泣くしかない。

IMGP5128.jpg
IMGP5130.jpg

↓駒沢公園のイベントで、ポリネジーなおじちゃんがまったくやる気がない様子でオープンしていた露店にふらりと入る。
雑に積まれたアクセサリーを掘っていたら、息子に似合いそうなチョーカーと遭遇。
タヒチ・フェチの息子ならば、ブラックパールのひとつは持たせなくてはならない。
で、「息子用なんだけど、どう思う?」と話しかけてみた。
おじちゃんは、「息子には玉が小さすぎやしないか。男はもっとでかい玉をつけるべきだ!」と言うのだが、お勧めパールはデカすぎ。ビー玉サイズだ。しかも真珠の質がいただけない。
で、「日本人はポリネジーみたいにでかくないから、やっぱり小さい玉にしとく。」と最初のチョーカーを選択。
ところが、値段がドル表示。
今日のレートがどうのこうのと電卓片手にすったもんだ。
なんだか、海外旅行に来た様で楽しい。
最後に、おじちゃんに「タヒチアン?」と聞いたら「ノー」と言う。
「ハワイアン?」と聞いても「ノー」
「サモアン?まさかニュージー?」と突っ込んだら、胸を張って「ポリネシアン!!」と言い切った。
く〜〜痺れる〜〜っ!
私もこんな日本人顔だが、心はポリネジーだ。
おじちゃん、気に入った!

IMGP5166.jpg

そういう私も、ダンスの影響なのか、最近だいぶ雰囲気が日本人離れしてしてきているらしい。
おばちゃんなのに、色が黒くて、妙に黒い長い髪をして、お肌の露出度が高い。
十分、妖しいようだ。
そういえば、カウアイでローカルなタヒチアンダンス・コンペを見に行った時、入り口で入場料を払おうとしたら「あなたダンサー?出場する人は払わなくていいわよ。」と言われた。
もしかして日系ハワイアンみたいに見えた??と大喜び♪

ちなみに、ポリネシアンなおじちゃんの店はワイキキにあるらしいので、再開する機会もあるかもしれない。


↓ラフィアの指輪は、息子のチョーカーと一緒におじちゃんの店で購入。
まあ、2点ともお高いものではない。
下のルースは、どこぞのデパートの催事で購入したピアスなのだが、珠が金具から落っこちた・・・
珠が落下するのは、タヒチ製ばかりではないのだ(笑)
そのうち、チェーンピアスにでもリフォームしようと思っている。  《つづく》

IMGP5139.jpg
posted by とんべり at 06:51| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 南の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。