2008年01月10日

シャリファ・アスマ

シャリファ1.jpg
2005年7月に、日本ばら園さんから購入したイングリッシュローズの挿し木苗です。
イングリッシュローズに関して、昨年あたりごたごたがあったように思うのですが、購入したのはそれ以前のことですので・・・
イングリッシュローズの大半はチェルシーガーデンさんで買ってます。ホントです。(汗
ミニバラも蒼ざめる極小苗だったのに、めきめき大きくなりまして、今は10号鉢でのびのび育っております。
日本ばら園のおじさんはちょっと「?」な所もありますが、うちのグラミスとシャリファは、本当に調子が良いです。シャリファ2.jpg

典型的なカワイ子ちゃんバラで、日本人好みのくせのない花色、あま〜いフルーツの香り、天真爛漫なヒラヒラした花びらを持っています。
女の毒がありません。(笑
アラブのおっさんの名前がついているのが、ちょっとおかしい感じです。(アブラハム・ダービーは、なんとなく納得なんですけど)
でも、音の響きは”S”がたくさん入った爽やか系なので、まあ良しとしましょうか。

シャリファ3.jpg

ベランダに置いていたときは、日光に異常に弱くて、陽が出るとすぐしおれたり、花弁焼けを起こしていましたが、直射日光の下で育てたら花弁も丈夫に育つようです。
こんなシェードした姿を見せてくれました。

↑にも書きましたが、日本ばら園は人によって好き嫌いがあるようですが(それに挿し木問題も?)、私は良い勉強をさせてもらったと思っています。
すごく面倒くさい肥料管理も、なるほどこれがプロの肥培なのかと納得。
なぜこの時期にこれが必要なのかという「理屈」がちゃんと載っているので、説得力がありました。
マニュアルや取り説が大好きなとんべり向きです♪
もっとも、今じゃあ手抜き栽培してますが。。。

2005年の花

*訂正とお詫び
シャリファ・アスマとアブラハム・ダービーをアラブのおじさんの名前・・・と記しましたが、これはとんべりの大きな勘違いでした!(赤恥
シャリファ・アスマ=オマーン皇女のお名前
アブラハム・ダービー=18世紀活躍の企業家のお名前
との情報を得ました。
シャリファが皇女のお名前と聞いて大いに納得!
ダービーは(個人的には)王様であって欲しかったです。あの華やかさ・・・


posted by とんべり at 09:48| 千葉 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | バラ&クレマチス 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2枚目のお写真の姿くらいがすごく好き〜!
でもアラブのおっさんの名前なんですね(笑)
とんべりさんちはたくさん薔薇があるのですねぇ
薔薇を育てられる人って尊敬〜(私は薔薇とは相性悪いみたいです・・・好きなんだけどなあ)
とんべりさんのサイトを見ていると、自分が性懲りも無くまた薔薇に手を出しそうで怖いです(笑)
Posted by anapanapa at 2008年01月11日 18:55
>anapanapaさん
年明け早々、仕事もきつく、無理がたたってか風邪っぴきで発熱ダウンしていました・・・

ひゃ〜〜、ごめんなさーい!
シャリファは王様じゃなくて王女様の名前でした〜(滝汗

うちでもバラはぼろくそになったりしてますよ〜
特に昨シーズンは、環境の激変と多忙による放置で、ろくに花が咲かなかった株もあり。。。
とりあえず生きてるって状態のものもありました。
最近思うのですが、長続きさせるコツは律儀にきちんと取り組むか、ぼろくそになってもあまり気にせず右から左に受け流すか・・・
とんべりの場合、育児も家事も仕事も趣味も・・・とりあえず受け流していこうかと・・・
Posted by とんべり at 2008年01月22日 10:05
王女さまかぁ(^-^)
おとなしい清楚なお姫様みたいですね(↑の画像のイメージ)
でもさすが王女様、気品漂っています!
Posted by anapanapa at 2008年01月23日 17:34
お久し振りどす〜〜〜〜^^

シャリファの名前に吸い寄せられ、じっくり拝読したのですが、去年辺りイングリッシュローズで何があったんどすか?
超多忙により、ネットを徘徊してなかったので、是非知りたいどす。

ちなみにとんべりさんとこと出所が同じの、我が家のシャリファも元気にしてますよ。
あのチビ苗が嘘のよう・・・(*^^)v
Posted by ななみ at 2008年05月25日 21:46
>ななみさん
おおお〜〜〜、おひさです〜〜〜♪♪お元気ですか?
とんべりもここのところフラダンス修行と仕事と植木の水遣りがめっちゃ大変で(ついでにムスコも高校受験だったので)、ネットはすっかりごぶさたなのですが、まあ漏れ聞くところによりますれば・・・
オークションあたりで、野放図に挿し木したERが野放図に売買されるのをお怒りになったDO氏が、もう日本じゃERは売ってやんないもん!みたいな流れになりそうになり、RORあたりがかなり焦った・・・で、それ以降は、「正規販売代理店」じゃないところで買ったら、買ったほうも犯罪者ね、みたいな感じになってるようです。
ERの品種紹介と育て方を載せた本にも、「ここで買っていいお店のリスト」が載っていて、それ以外のところで買うと知らないよ〜〜〜みたいなことも書いてあります。

もちろんブランドは守られるべきですが、販売権などに関わるややこしい問題は販売サイドで何とかしていただきたいです。買うほうは、ちゃんと出すべきものは出して買ってるわけですし・・・

といった風にとんべりは耳にしておりますが、DO氏ともRORとも面識があるわけではないので、本当のところはわかりません〜〜〜
Posted by とんべり at 2008年05月28日 12:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。