2012年07月26日

夏バテ 夏バテ

とにかく調子が出ない。。。
単に夏バテなのか、減薬しているせいなのか・・・
テレビは見ないようにしていたのだが、ランチに入った店でニュースを目にしてしまい、18歳の無免許運転したガキが3人もひき殺して、「無免許でも一定の運転技量がある」ため危険運転致死傷罪が適用されなかったことを知って目の前が真っ白になるほど絶望と怒りを感じたせいか・・・
京都地検はすごい。
無免許でも一定の運転技量があれば酌量されるという結論を出したのだから画期的というほかない。
腕に自信のあるものは、お金を払って免許を取る必要はない。
それで最終的に人を何人ひき殺そうと、事故直前に一定時間運転できてれば別に構わないと京都地検が言っている(笑)
日本が安全な「法治国家」だというのは幻想だ。
ただ単におとなしい人間が比較的多いというだけのことだ。
真面目に学校に通って勉学にいそしんでも、真面目に働いて税金をきちんと納めても、クズに虫けらのように殺された結果、公的組織や法は何をしてくれるのか。
クズを守り、事件を「残念な事故」と片づけ、なるべくなかったかのようにふるまうことにばかり腐心する。
心療内科の医者に日本の法は狂っていると言ったところ、それでも法は守らないと・・・などと言っていたのだが(まあ、そう言うでしょう)、私は本来の目的を見失った法や機能不全の法など守る意味はないと考えるようになった。
法は、それを守りより良い社会を作ろうと努力する人に奉仕するためにあるべきものだ。
法を法たらしめるために人が押しつぶされるべきものではない。
私は各自が自分で納得した法だけ守ることにしてみたらどういうことになるだろうかと考える。
無法地帯になると恐怖する人は大勢いると思うが、よく考えてみたら今だって無法と一緒だ。
無免許運転オーケー、飲酒運転オーケー、学校のいじめオーケー。
あるのは個人のモラルだけ。
一体どこが違う(笑)
自分の身に運よく何も降りかからなかった人だけが、日本は法的に守られた国だと思っているだけである。

さて、というわけで調子がイマイチなのだが。
でも、2か月前に処方された抗鬱剤のリメロンが合わず(エクソシストみたいなけいれんを起こしたり、午前中体が動かなくて苦しんでいた)、たまりかねて医者に無断ですっぱりやめてからはずいぶん軽くなった。
まだ抗鬱剤も睡眠導入剤も飲んでいるが、薬漬けから脱却しつつあると思うとうれしい。
ただ、午後になるとスタミナ切れなのか脳の疲れがひどい。
特に暑さはこたえる。
で、やたら植物を、それもツルバラ、クレマチス、木と言った日影を提供してくれそうな丈のあるものばかり買ってしまう。
ウォーター・ガーデン・クーラーなる散水器も購入。
サンパラソルでグリーンカーテンも作ろうとしている。
バルコニーが乱雑になりつつある・・・
posted by とんべり at 15:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/283186318
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。