2011年06月28日

ついに品川で

睡眠薬を飲んでも5時間くらいすると目が覚めてしまうようになった。
でも、お医者にそのことを言ったらもっと強い薬を出されるだろうし、なんだかそれってジャンキーみたいでいやなのである。
でも、一日中、生あくびをかみ殺してみたり、だるかったり、すっきりしない。
食いしん坊だったのに、すっかり食が細くなって、余分なお肉もだいぶ落ちた。
『未亡人鬱病ダイエット』なんて自虐ネタにしている。

少し休んで・・・
ゆっくりして・・・
皆さん、そう言ってくださるのだが、どうしてだか、次から次へとやることを見つけてしまうのである。
何もしていない時は何をしているかと言うと、ダンナの遺品や遺影を抱いて泣いている。
なんかもう、本当に不健康。。。

今日は気圧が下がったせいか、さらにだるさが増し、お昼も食べずにうつらうつらしてしまった。
起きた途端、「そうだ、北丹沢に行った時、タヒチ走遊会ののぼりがあったらいいんじゃないか?!」とまた余計なことを思いついてしまい、フォトショでせっせとデザイン作成。
さっそく注文した。
間に合うかどうか、非常に微妙である。
なにやってるんだかなー

で、だるーいままダンスレッスンに行ったのだが、案の定、途中で気分が悪くなってきた。
肉好きなので血は濃いのだが、ストレスで脳貧血や手足のしびれ、過呼吸を起こす。
いつもなら少し休むと復活するが、今日はなんともしがたいままレッスン終了。
「顔色が超悪い!」「先週よりぐっと痩せてない?」と皆さん心配してくださる。
まあ、ぷちデブだったので、痩せてちょうど良い感じではあるな。
フラフラしながら帰宅の途についた。
足の裏に地面を踏んでる感覚がない。
肩の上に頭が乗ってる感じがしない。
まずい。
駅の階段を上ったら、これが致命傷だったようだ。
ぐらっと来て、思い切り人にぶつかってしまった。
なんとか電車に乗り込んだが、立っているのが精一杯。
品川駅で降りた途端、壁際でしゃがみこんでしまった。
しばらく休んだ後、だいじょうぶかなーと立ち上がり階段を上ろうとしたら、世界がくるくる回ってホームの端っこへふらふら。
やばい、人身事故になると必死にホームの中ほどに足を進めるが、そこでがっくり四つんばいになってしまい、もう足がちっとも言うことを聞いてくれなくなってしまった。
なんだかどこか遠くの方で「だいじょうぶですか」「駅員さん呼んで」という声がする。
しばらくして気がつくと、スーツ姿のお嬢さんが横にしゃがんで心配そうに覗き込んでいた。
「今、駅員さんが来ますよ」と優しい声をかけてくれた。
しばらくすると、駅員さんが、なんと車椅子を持ってすっ飛んできたではないか!
きゃー、はずかしー(滝汗)

そういえば・・・
結婚式はダンナの実家長野でやったのだが、スケジュールがタイトで、新婚旅行の最中に脳貧血を起こしたことがあった。
このときも車椅子に乗せられてしまい、ダンナは「恥ずかしいヤツ!」とご機嫌斜め。
私は車椅子に乗ってるのに妙に元気で、はしゃいで写真なんか撮ってもらった記憶がある。

駅員さんのせっかくのご好意だったのだが、車椅子は丁重にお断りして、何とか自力で救護室までたどり着き、30分ほど横にならせてもらった。

で、家に帰ってきて何をしたかというと、まだ署名を頼めそうな友人知人に手紙を書いて、コンビニまでチャリをこいでメール便に乗せてきた。
つくづく懲りないヤツなのである。

でも、いつまで続けられるだろう?
posted by とんべり at 00:48| 千葉 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
通りすがりのラン好きおばさんが惹かれる様にこのブログに通いだしました。思いが伝わります。

飲酒運転撲滅への署名でしょうか?書面が見られるといいのですが。
気になっています。

Posted by 市川@ヨーコ at 2011年06月28日 09:52
>市川@ヨーコさん

飲酒運転撲滅の署名です。
レース会場ではパラダイス企画さんが中心になって、あとは友人が勤め先や親戚やご近所をローラー作戦して、ごくごく地道に集めています。
Posted by とんべり at 2011年06月28日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。