2006年04月30日

ニオベ(ナイオビ)

P1010687.jpg
「良い品お安く」のダイ○ーで運命の出会い!
こんな渋い色のクレマチスがあるなんて〜と鉢を手に取ったら、横にいたマダムが「あっらーー、きれいね〜〜」とじろじろ見つめる。
鉢をおろしたが最後、絶対掠め取られると思い、脇に抱え込んでレジに走った。
なぜだろう、私が手に取るものはマダムにチェックを入れられることが多いのだ!(汗
P1010685.jpg
名前が神話的な響きを持つところも気に入った。
映画「マトリックス」のカッコいい女船長さんの名もナイオビだった。
帰宅して調べると、見た目が渋いわりによく売られている品種らしい。
ありふれていると言ってしまえばそれまでだが、それだけ花が美しく、丈夫で手がかからない優良品種ということだろう。
人に愛されるにはわけがある。
P1010801.jpg
咲き出しのこの黒赤!
ベルベットの質感で実に美しい。
ダイ○ーからの帰り道、よく立ち寄る趣味のいい花屋さん(アプリ色の仏花なんかが置いてあるのだ)に「なんてステキなクレマチス!」と褒められた。
気に入るのはそこゆくマダムばかりではないのだ。
P1010799.jpg
咲き進むと紅色がかってくる。
黄色のしべとの対比が際立って美しい。
クレマチスは青か紫に決まっていると思っていたが、赤のクレマも気に入った!


posted by とんべり at 00:29| 千葉 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | バラ&クレマチス 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>とんべりさん

素敵な色のクレマチスですね!(^o^)
しぶくていいカンジ。
ダイエー侮るべからずですね。

「鉢を置いたらとられる」とそのままレジへ向かう描写にクスっ(^m^)
わかるわ〜〜〜
Posted by カルーアミルク at 2006年05月07日 11:51
マダムとの争奪戦、気持ち分かりますよ〜。

例えば、買おうかどうしようか迷っていたとしても、その鉢を狙っていそうな人物が目に入ったら、ワゴンに乗せてぜーーーったいに手放しません。(性格悪っ)

Posted by オニポン at 2006年05月07日 23:53
>カルーアミルクさん
なんでか私が鉢を手に取ってから周囲をうかがうと、必ずひとりは、こっちを見ているマダムがいるんです!!
ホムセンを移動していくと、後からついてくるし。
絶対、私が鉢を手放す瞬間を狙ってるんですよ!
それに、よく話しかけられるんです〜
「あらぁ〜、なんてバラなのぉ?」とか「来年も咲くのぉ?」とかって・・・
油断させて、取り上げようという魂胆に違いありませんっ(おいおい

>オニポンさん
何気に手に取っただけなのに、マダムの虎視眈々とした視線に煽られて、いつの間にか「この花は私に買われるべくここにいたのよ!」と思い込む私・・・
帰宅して、ジャングル化著しいベランダを前に愕然とし、どうしてマダムが私より先にこれを買っていってくれなかったのかと、逆恨みする私・・・

私はこれを「園芸地獄道」と呼んでおります。
Posted by とんべり at 2006年05月08日 16:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。