2010年11月20日

来ました

今から始めるにはちょっとオバちゃん過ぎないか・・・?

不安に駆られながらも強引に歩んできたタヒチアンダンス道 1年数ヶ月。
なんとか初ホイケにこぎつけたようである。
(といっても、アパリマとフラなんだけど)
週3回、遠い教室に通った。
毎回、筋肉痛と戦った。
ダイエットもした。
アンチエイジングにも気を配った。
ずいぶん頑張っちゃったかなー(笑)といった感じだ。

だが、とんべりひとりで頑張れたわけではない。
がんばりを支えてくれた人が本当にたくさんいるのだ。

拙ブログをきっかけに出会った方たち。
最初の一歩を踏み出す勇気をくれ、明日もとんべりの暴挙を見届けに来てくれる人。
ダンスネタやタヒチネタで一緒に盛り上がってくれた人。
このブログで良き出会いがなかったら、今も「あ〜、タヒチアンダンスやりてー」などとぼやくだけの日々を送っていただろう。
ありがとう。

前のダンス教室の先生や仲間。
「やりたいことをやりなさい」と肩を押してくれた人。
「飽きたら戻ってらっしゃい」と懐の広さをみせてくれた人。
「やめたら後悔するわよ」と止めた人。
先生はとんべりがやめたことで傷つかれたようだったが、それはある種の気持ちの深さだったのだろう。
やめた時はギクシャクもしたが、みなで明日のホイケを見に来てくれるそうだ。
ありがとう。

今の教室の先生や仲間。
「こんなオバちゃんが入ってきて・・・」と正直むかついたり呆れた人もいると思う。
(たまにいやなこともあるからなー まあ、覚悟の上です)
が、気の合う仲間や仲良くできる若いお嬢さんもけっこういて、どんどん居心地が良くなってきている。ホイケの練習を通じて自分の居場所ができてきた感じだ。
そして、すばらしい先生たち。
週3回、厳しいレッスンに通えたのは、この教室の魅力ゆえだろう。
ありがとう。

が、なんといってもとんべりが感謝しなくてはならないのは家族である。
受験中なのに放置して踊りに夢中な母を、まったりと応援してくれるムスコ。
忙しすぎて手が回らない家事をまめにサポートしてくれるダンナ。
家族の理解がなければ、こんな生活は続けられなかった。
本当にありがとう。

前のフラの先生が「踊れる環境にあるってことは本当に恵まれてるのよ。いろんな事情で踊りたくても踊れない人たちがいるんだから、もっと感謝して踊らなくてはダメよ」とおっしゃっていた。
とんべりはとてつもなく恵まれていると思う。

明日は、たとえ振りを間違えようが、メタメタだろうが、この感謝の気持ちだけは忘れずに踊りたい。
posted by とんべり at 00:00| 千葉 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | フラ&タヒチアンダンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
感謝の気持ちを素直に表現できるとんべりさんは素敵です。
だから、周りに素敵な人たちが集まるのですね。
初ホイケ、楽しく素晴らしいものになりますように。
Posted by kay at 2010年11月21日 01:18
ありがとう!
とんべりさん、一番素敵でした。
前例で輝いていた。たくさんの感動をいただきました。
とんべりさんは、舞台が似合います。可愛くて、真っ直ぐでキラリとして大らかで楽しそうで。、。
踊りは全てが表現されるんですね*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

私がダンスでとても辛かったときに、出会いました。
今日、タヒチアンダンスの原点がわかりました。
何故、私達が知り合ったのかわかりました。

それと、とんべりさんめちゃめちゃ綺麗になりましたね。
ご主人と息子さんの応援、実りましたね!

これからも、輝いてくださいね!
Posted by こゆき at 2010年11月22日 01:16
>kayさん

呪文か?読経か?(笑)

発表会は初めてじゃないし、舞台には慣れてるはずなんですが、緊張感が半端じゃないです。
なにせ、「次」があったとしても2年後。
とんべり、さらに老けています。
この時間を大事にしなくては!という切迫感が違いますね(爆)
なので、投げやりになったり、いやな雰囲気になったり(過去にそういうことがあったもので)だけはないようにしたいと心から願っております・・・
発表会には魔が潜んでいますから、良いほうにも悪いほうにも転ぶ可能性がありますよね。

エール、ありがとうございます♪
最善を尽くして自分の弱さを克服したいと思います。
Posted by とんべり at 2010年11月22日 09:54
>こゆきさん

昨日は本当にありがとうございました!
こゆきさんとtotoraさんの応援がなかったら、ここには来ていません。
オバちゃんダンサーとんべりの生みの親です(笑)
なので、こんなに褒めちゃうと親バカになってしまいますよ〜(爆)
が、子は褒めて育てよ(?)
とんべり、新たな力を得て、さらに邁進する覚悟です。

なにせ、20代のはつらつとしたお嬢さんと一緒にココブラ姿で大勢の人様の前に半裸体を晒すわけで、この緊張感と緊迫感は半端なく、シワも伸びる思いでした(爆)
タヒチアンダンスを長くやっている人に年齢不詳の人が多いのは、常にこの緊張に晒されてるからなのかな〜?
こゆきさんなんか、お嬢さんのママというよりお姉さんですものね♪
とんべりも踊り続けるためにがんばります。

踊りには辛いこともいっぱいありますよね。
でも、その辛さも含め、今楽しんでいるほかのことも全部こゆきさんの肥しになってるんじゃないでしょうか。
満を持して再開される日を楽しみに待っています♪
Posted by とんべり at 2010年11月22日 10:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。