2010年06月30日

World Cup 対パラグアイ戦

m_430.jpg

終わった・・・・・!!

負けた。
負けたのだが、なぜか負けた気がしない戦いだった。
南米の強豪と互角の試合だった。
少なくとも、現時点のイタリアよりニッポンが強いことを証明したんじゃないかと思う。
う〜〜む、これはすごい!
できればPKにはなりませんようにと必死に念じていたが、ゲーム中、幾たびかのチャンスをものにできなかったわけで、日本、パラグアイどちらにとっても『勝ち』のないゲームだったと思う。
パラグアイも『勝った』というより『負けなかった』といった方が妥当ではないだろうか。
もちろん、2次に進んだのはパラグアイ。ものすごく残念だ。悔しい!
立場が逆だったら、笑っているのが日本だった良かったのにと心底思うが、実力が伯仲していようがなんだろうが、一方を選ばなきゃならないんだから仕方ない。
そう思うしかない。。。

まるで鏡の中の自分と戦っているような試合。
一瞬、瞬きした方が負けるような試合だった。
パラグアイは球の処理が丁寧で、ものすごいテクがある感じではないのに、きっちりボールをキープできるところがさすがだ。
日本の球の処理がすごく荒く感じられてハラハラし通しだった。
だが、日本だってすごかった。
なにやら単調なパラグアイの試合運びと比べると、日本の方がドキッとするような仕掛けがたくさんあったように思う。
特にケンゴが入ってからの日本チームの動きは、胸が躍るような場面を作り出した。
あの時の高揚感!
それでも結局得点できなかった。
ベスト16の実力相応ということか・・・
だが、もっと行けたんじゃないかと言う感覚が、ものすごくするのだ。
それは選手がもっとも感じていることだと思う。
手が届きそうな感触と、その1歩がとてつもなく遠い感触を。

赤っ恥なゲームを予想して恐怖していたとんべりだが、この4試合、すばらしく楽しかった。
世界を相手に、地に足つけて戦っている実感があった。
4年後、いいチーム作りができるかどうかはまだわからないが、今回のWCを通して日本のサッカーが少し成熟したように思う。
WCは楽しい。
チームが強ければ、もっと楽しい。
そのためにはサッカー関係者だけでなく、サポーターや報道関係も含めて、もっと成熟したサッカーを目指していくべきだろう。
何の根拠もないのに「勝つんです!」と連呼したって勝てるわけないし、どこかの国のプロパガンダ放送みたいで見苦しい。
とんべりも、もっとゲームを見る目がほしいし、やはり普段からサッカーにお金を落とすような環境ができていないと、日本のサッカーは強くならないんじゃないかと思う。
というわけで、クラブマッチが始まったら、一度グラウンドに足を運んでみるつもりだ。
ダンナの仕事関係でフロンターレに縁があるので、川崎にでも行ってみようか。川島もケンゴも稲ちゃんもいるしな♪

前のWC、イギリスのパブでエールを飲みながら辛口でサッカー批評をしているおばあちゃんたちがテレビに映っていた。
すごくクールだ!
日本もあんな風になったら、サッカー大国と言ってもらえるようになるんじゃないのかな?

ニッポンの青い星は、アフリカで輝いたよね♪


posted by とんべり at 02:55| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の光景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。