2010年06月10日

6月 クレマチスのバルコニー@

クレマチスとバラのコラボレーションを夢見る人がたくさんいるが、時期をそろえるのは難しい。
パテンスは4月下旬〜5月上旬に咲いてしまうし、ビチセラは6月に入ってから。ジャックマニーの一部が重なるように咲いてくれるようだ。
我が家では、ロマンティカとニオベ(ジャックマニー)とナターチャ(パテンス)が一緒に咲いている。
が、一緒じゃなくてもいいかもと思う。
バラが終わってがっくりきているところへ、クレマチスがぶわ〜〜っと咲き出す。
数週間前とまったく違う景色に驚きが隠せない。
そんなドラマチックな変化を楽しむのも一興だろう。

IMGP3634.jpg

IMGP3618.jpg
↑ピエールやスノーグースが咲き終わり、一緒にロマンティカも終わってしまった・・・
が、今やエミリア・プラターが花盛り!

IMGP3588.jpg
↑濃い色に咲き出しシルバーブルーに変化。
2種類の花が咲いているかのようだ。

IMGP3587.jpg
↑グラハム・トーマスの後釜にベティ・コーニングとコンフェッティー
ベティーの方が微妙に咲き出しが早い。
花形が似ているのでナイス・コラボ

IMGP3603.jpg
↑窓辺にかかるコンフェッティー
まだ株が充実していないので、花付きがいまひとつだ

IMGP3604.jpg
↑ベティー・コーニング

IMGP3606.jpg
↑コンフェッティー

IMGP3625.jpg
↑かがやきの舞
アイスバーグに絡めている。
実際はもうちょっと海老茶がかった色合いで、和の雰囲気がある。
控えめだ美しいところはアイスバーグと同じだ

IMGP3601.jpg

IMGP3621.jpg
↑ヴィクター・ヒューゴー
インテグリフォリアだと思って放置していたら、思ったより伸びてオベリスクを越してしまった(汗
半つるなので巻くように誘引した方がいいかもしれない。

IMGP3623.jpg

IMGP3630.jpg

IMGP3628.jpg

IMGP3627.jpg

IMGP3632.jpg

IMGP3619.jpg


posted by とんべり at 00:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | バラ&クレマチス 2010 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。