2009年12月06日

思い出ガーデン

今年も植え替えのシーズンがやってきたのだが、どうもモチベーションが上がってこない。
休みの日に限って雨だったり、忙しすぎてホムセンに土を買いに行けなかったり、さ来年はマンションの改修かと思うと気持ちが沈んだり・・・
バラとクレマとクリローと木とレアな宿根草は絶対手放せないけど、それ以外のものはもう処分しちゃおうかなー・・・とか。
あんまり大きく育てられないよなー・・・とか。

こんなことでは、ハードな植え替えシーズンを乗り越えられないのだ!
花いっぱいのシーズンをふり返り、萎えた気持ちを掻き立て、怒涛の植え替えにぶつかって行かねばならぬ!!

IMGP0580.jpg
うちのバルコニーは面倒な造りで、南面のベランダにいったん出てから、西面のバルコニーに回りこまなければいけない。
その角が激越強風地帯で、台風の時なんかものすごーく怖い!
こちらがその、ものすごく怖いバルコニーの入り口部分。

バラも咲いていない、まだ春浅い頃ですな。

IMGP1095.jpg
最初に出会うのはスノーグースとピエール・ドゥ・ロンサール、ロマンティカ(クレマチス)、エミリア・プラター(クレマチス)。
スノーグースとピエールは時間差攻撃で咲き出す。

IMGP1250.jpg
ピエールとロマンティカ。
クレマとバラの咲く時期をあわせるのは意外と難しいのだが、このふたつは息ぴったりゴールデン・コンビ。
色合いもナイス。
エミリアが咲くのは、この後だ。

IMGP1272.jpg
手前がエミリア(水色)、その向こうにロマンティカ(黒)、グラハムの手前にベティ・コーニング(紫)。
クレマチスの爽やかなブルーはバラにはない魅力を放つ。
だって、青バラとか言うけどブルーじゃないじゃん。言い張ってるだけだし。
クレマは本当に青いから。
でも、つる物って始末におえない時があるんだよね。
時々、鉈をふるって全部刈り取りたい衝動が沸き起こる・・・

IMGP1259.jpg
お隣は、エヴリン、グラハム・トーマス、ペネロープ、べティ・コーニング(クレマチス)

IMGP1279.jpg
ベティ・コーニング
パラシュート型の花を咲かせる。
ふわふわと風に揺れて、かわいい。

IMGP1069.jpg
めいっぱい房咲きのペネロープ。
去年までの貧弱ぶりが嘘のようだ。
低体重児がチェ・ホンマンに育ったみたいな気分。
ああ〜〜、大きく育ててどうする〜〜

IMGP0975.jpg
手前のアーチがプロスペリティー
足元のエクセレンツ・フォン・シューベルトは、この時、まだ小さかったが、その後、ずんずん大きくなった。
来年の花が楽しみだ。
だから、大きくしてどうする?
いや、でかくなったものは切れば良いのだよ、ヤマトの諸君。

IMGP0976.jpg
アーチを反対から見る。
こちら側のアーチのバフ・ビューティーと足元のアイスバーグは最高のアロマ・コンビ。
花の時期、この下に座っていると、香りにラリって時間経過が分からなくなる。
仕事の前など、非常にヤバい(汗
労働意欲がジェットコースター並みに急降下。

IMGP1045.jpg
コンフェッティ(クレマチス)

IMGP1109.jpg
ポーリッシュ・スピリット(クレマチス)

IMGP1306.jpg
輝きの舞(クレマチス)
これらは株が小さくて、まだ「茂る」までには至らない。
あと1年、このままでいいかも・・・

IMGP0811.jpg
バフ・ビューティーとシジュウカラに住んでいただきたい巣箱(笑)、雨漏りがひどい木製物置。
この物置、見た目はいいが、中がびしょびしょ・・・(意味ないじゃん)
改修の時に買い替えだな。
手前の木は、ブッドレア“バタフライ・ボール”。
蝶が集まるという、香りのよいシルバーブルーの穂状の花をたくさん咲かせる。

IMGP0967.jpg
北側はこんな感じ。
アーチはコーネリアとメアリーローズ。
アーチの間にはシャリファ・アスマ。
メアリーの足元に不屈の早春。
コニファーはゴールドライダー(黄)、ウィチタブルー(青)
どちらもゆっくり成長する、ベランダ・ガーデナーの頼もしい味方だ。
でかくなりすぎたアイスブルーとブルーアローは、ちょっと風が吹くとベランダをごろごろ転がりまわっていたので、ウザくて処分してしまった。

IMGP0599.jpg
ニオベ(クレマチス)

IMGP0600.jpg
紫姫(クレマチス)

右寄りのフェンスはバラをおかず、ニオベ、紫姫を絡めてある。
我が物顔でガーデニング三昧しているようだが(違うのか?!という驚きの声がダンナ方面から・・・)、ベランダは共有地である。
避難路の確保は考えてあるのだ。
ちゃんと規約を守ってガーデニングしている。
改修のことも考えない振りをしつつ、一応考えいている。
ここで言い訳しておこう(笑

IMGP0745.jpg
奥の黒いバラがルイ14世。
咲いていないが、フェンスよりにウィリアム・シェイクスピア2000。
白いグラミス・キャッスル。
不思議カラーのラヴェンダー・ピノキオ。
フェンス側が、マダム・ピエール・ユーレ(濃ピンク)と咲いてないアンブリッジローズ&スキャボロフェアー。
手前のシルバーパープルはスターリング・シルバー。
日当たりが良いので、小型のブッシュやシュラブの特等地に。

IMGP0969.jpg
何の面白みもない長方形のバルコニーなので、途中にアーチを設置したり、レンガでプチ花壇を作って変化をもたせている。
この花壇は一応、バルコニーのメイン。
オベリスクにジュビリー・セレブレーション。
サイドにマダム・ユーレとジュリア。
手前にレニー・マッキントッシュとラヴェンダー・ピノキオ。

IMGP0988.jpg
安物の天使ちゃん@中国製
いつか、チェルシーガーデンで、輸入物といっても中国からではなくイタリアからの、石造りの、ウン万円する天使ちゃんを買いたい。
イタリアン・スタチュー、カモン!(悶絶

IMGP0785-1.jpg
南側は打って変わって個性的で主張の強い色合いのバラが置いてある。
島になっている所の茶色のバラはテディーベア。
テディーの日よけになってる木は、ネムノキ“サマーチョコレート”
上に伸びてほしいのに、どうも横に伸びたがるので困る。
フェンス側の木は手前から、アルプス乙女、ブッドレア“ブラックナイト”、オリーブ“ミッション”、ドドナエア・プルプレア、ユーカリ。

IMGP0972.jpg
右から、グレイパール、レディ・エマ・ハミルトン、ヌル・マハル、
手前は、メアリー・マグダレン、タヒチ。
HFヤング(クレマチス)、ギリアン・ブレイズ(クレマチス)
黒や銀色のカラーリーフ、青、紫系の花とあわせて、強い配色を楽しむ一角。

IMGP0591.jpg
青いHFヤングと白いギリアン・ブレイズ
去年はよく咲いてくれたが、ネコブセンチュウがひどくて今年はあまり咲かなかった。
治らない病気なので仕方なく処分。

IMGP1258.jpg
南側は、花がそっぽを向いてしまうので困る。
鑑賞する時も、写真を撮るときも、逆光が基本。
南側に庭というのが家の設計の定番みたいになってるけど、庭が広く取れるのなら北側にした方がきれいだろうなぁ。
ちなみに、日本では南向き住居が人気で、海外では北向き住居が人気らしい。

IMGP2841.jpg

IMGP2854.jpg

IMGP2831.jpg
冬はビジュアル的には寂しいけれど、次の年の飛躍のために力を蓄える大事な時なのだから、1年の中のほんの2ヶ月、辛抱しようじゃないか。
マンション改修も然り。
2度とガーデニングができなくなるわけじゃなし・・・
悩んだって改修が無くなるわけじゃないし、プラス思考で参りましょう。

さて、重い腰を上げて、130鉢の植え替えに取り掛かるか!


posted by とんべり at 21:55| 千葉 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | バラ&クレマチス 2009 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ああもったいない
ここまでの丹精を思うと。
・・・恨めしいですね改修。
Posted by mappi at 2009年12月08日 19:46
すごい綺麗ですね〜。
こんなにたくさんのバラをベランダから鑑賞出来ると毎日嬉しくてファーラプですね!
私も今はマイケルに凝ってます。
仕事の休憩中にムーンウォークを練習してたら21歳の子に「ほたるさん、何やってるんですか?頭のおかしい人みたいですよ〜」
と言われました・・涙
なので、「あなたの結婚する時には私を披露宴に呼びなさい!完璧なムーンウォークとタヒチアンダンスをお見舞いするわよ!」
と答えました(笑)
ムーンウォークをやりながらファーラプって手もありますね!
練習してみます♪
Posted by ほたる at 2009年12月09日 18:34
>mappiさん
植え替え、ぜんぜん進んでません!(汗
ここ1年ほど、水槽が不気味な苔の森、貝の林になっていて絶えられないほど見苦しかったので、思い切って全面リニューしました。
砂を全とっかえして、石と流木を配置して、苔まみれの水草も全部植え替え、水槽自体を丸洗い。
お魚も(あまり変わり映えはしないものの)ニューカマーをお迎えしましたよ。
疲れた〜!
でも、玄関に入ってぞっとすることはなくなりました(笑
家の掃除もしなきゃなんないし、年賀状も作んなきゃならないし、年内は植え替えムリっぽいです。
せめてつるバラの誘引を終わらせないと。
年が明けて実家詣から帰ったら、本腰を入れよう!
Posted by とんべり at 2009年12月10日 10:35
>ほたるさん
身の丈に余る多趣味でやること多すぎで悲鳴状態ですが、今は踊ることが楽しくてたまらず、ちょっとの時間を作ってはファアラプー練習してます♪

とんべり、マイコーが新時代を作っていくのを肌で感じながら育った世代です(年がばれる〜)
"THIS IS IT"では、どの歌も懐かしくて超ノリノリ♪
シートの上で思わずお尻が動いてしまいました(迷惑行為)
映画を観た翌週、教室で先生がムーンウォーク(ヘタ)してまして、誰よりもウケてたのはとんべりではないかと・・・(笑
驚いたことに20代のお嬢さんたちも、けっこう観にいったみたいで、「すごく良かった!」って言ってました。
マイコーの桁外れの身体能力と一時代を体現したオーラは、たとえスキャンダルにまみれたとしても、やはりすばらしい輝きを放っているなと感じました。
それに、50才にしてあの体の切れ・・・(汗

末端とはいえ踊りに携わるものとして、良い刺激になりました。。。

ムーンウォーク・ファアラプー、ぜひツベにアップしてください♪
Posted by とんべり at 2009年12月10日 10:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。