2009年05月25日

佳人の季節

北アーチ.jpg
縁あって今のマンションに越すことになり3年たった。
庭作りは3年待てという。
もちろん、たった3年で庭ができあがるものではないが、それでも少しは態をなすのに3年はかかるという。
その3年がたった・・・



枝はゆったりと陽の中に腕を広げ、本来の性質を露わにする。
伸び上がるもの、垂れるもの、地を這うもの・・・
花はたわわにつぼみを付け、期待ではちきれそうになる。
そして、解き放たれるように花びらはほぐれていく。
ゆっくりと、花びらのほぐれとともに芳純な香りがあたりを満たしていく。

バルコニーの入り口をくぐると、そこは天空の秘密の花園だ。
香りの天蓋があたりを覆い、風にひっそりと囁きあう佳人たち。
その中にあって、私はひとり異質の存在である。
手を土に浸しても、そこから水を吸い上げ、自分の周囲に蒸散させていくことはできない。
佳人たちは、私に眼をくれることもなく囁きあう。
その無音のサイクルに自分も溶け込みたいと願いつつ、私は音なき囁きに耳を凝らす。
ゆっくりと、ゆっくりと・・・
時が巻きほぐれていく。
香りが運ばれていく。
私はひとり天空の庭にたたずむ。
決して交わることなく。

佳人たちは短い初夏の庭を静かに歩み去っていく。

IMGP1071.jpg
posted by とんべり at 00:22| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ガーデニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とんべりさん。
素晴らしいお庭にいつもため息です。

とりどりのお花を育てていらっしゃるのに焦りをいっさい感じず、悪魔の植物(ワビサビを無視した蔦系等)との戦いも微塵も感じません。
いつも幸福感に満たされます。底知れぬ努力もあるはず!汚い場所など見せていただて励みにしたいです。

とんべりさん。
あなたのファンです。
紫のバラをおくりたいです。
Posted by こゆき at 2009年05月27日 02:50
>こゆきさん
とんべり、おばかさんなので(笑)時々こういうことを書いてしまいますが、脳内ワールドのその実態はといいますと、ノーブラ&ノーメイクでダサい麦わらをかぶり、バラにかきむしられながら水遣りしてる横を、「や、ご精が出ますな!」とか言いながら管理人さんが通り過ぎていくという・・・(爆)
だいたい、ひっそりしてるのはごく瞬間のことで、たいてい強風が吹き荒れてますよ。
そのたびに、アメリカ人もおののく4文字言葉で天をののしってますから。
「このω#Σ$☆な風のφц∂@*がΘΨΩχ!!!!!!」(放送禁止用語だらけ)
そのうち、天罰が下るでしょう(笑)
Posted by とんべり at 2009年05月29日 09:59
日曜日の午後に夫婦で庭仕事しますた。。。
あっという間に70リットル袋が10個。
枯れ木やら雑草やらを袋につめこむ作業で人生クッタクタです。
旦那は豪快に伐るだけ伐って仕事に行ってしまうし。
旦那がおどろく言葉でののしってくださいましよ(><)
Posted by こゆき at 2009年07月07日 17:45
>こゆきさん
一瞬、「〇〇〇〇!!!」と思ったのですが、いやいや、オットをののしるヨロコビ、オットをののしる快感は妻だけに許される特権・・・
今夜戻ってらしたら、濃厚なる言葉攻めで悶絶させて差し上げてくださいまし♪

とんべり、忙しさのあまり、庭が超絶放置状態です。
こゆきさん、とんべりがおののく言葉でののしってください。。。
Posted by とんべり at 2009年07月07日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。