2009年05月17日

The Third Impact of Tapuarii

IMGP1206.jpg強迫神経症に陥りがちな人類を補完すべくタヒチが放った使徒、それがTapuariiだ!

その底抜けに能天気な声とあっけらかんとしたノリは、日本人的神経症的悩み事のすべてをバカらしいものにしてしまう。
ムスコの成績も、顧客の動向も、本部のプレッシャーも、毎日の家事も、算数先生のミケンのたてジワも、ぜんぶアホクセー!
彼の歌を聴いていると、波と風と陽射しが気持ちよくって、女の子/男の子がかわいくって、飯と酒がうまかったら、人生もうオッケー♪さいこーにハッピーさ♪
そんな気になってくるのである。
歌詞がわからないので、もしかしたらロシアの文学作品みたいにコメカミに青筋なことを言ってるかもしれないのだが、まあ、そういうことはないだろうなあ。

Tapuariiとの最初の出会いは、タヒチ・ファースト・トリップで泊まったメリディアン・ボラボラのショー。
この時、"Aremiti Fa'ahee"でオテアミックスのアパリマ(速)を踊っていた。
実は、とんべりがタヒチで観たダンスショーは、後にも先にもこれっきりなのだ。
詰めの甘い旅行に行くから、観るチャンスを逃してばかり。
でも、そのたった1回のショーでタヒチアン・ダンスにこれだけはまれるんだから、とんべりの反芻力はただ事じゃない。
記憶が磁気テープに保管されてたら、今頃もうベロベロのラーメンだ。
それだけ印象が強かったともいえるが、1回のデートで妊娠しちゃった感じ?(笑)
もちろんその時は曲名なんて知らなかったのだが、帰国してタヒチの音楽をちょっとずつコレクションしてた中にこの曲があった。
1回聞いただけなのにメロディーを覚えてたなんて、やっぱり名曲は浸透力が違うんだろうね。



で、セカンドインパクトはというと、とんべりが通うフラ教室ではたまにタヒチアンも練習するのだが、とんべりが入るちょい前に発表会などで踊っていた曲がある。
ごくたまに先輩が踊ってみせてくれるのだが、その歌がどう考えたってTapuariiである。
先生に「これってTapuariiですよね?!」とハナイキも荒くたずねたら「え、何?タプ?・・・パペオラよー」と言われてしまった。。。(涙)
大好きなTapuariiの曲である。
ここで会ったが百年め、何が何でも踊りたい!
一生懸命、『パペオラ』を教えてくださいと先生にお願いしたのだが、もうさんざん踊ったから・・・と教えてくれない。
せめて曲をくださいとお願いしたのだが、それもいただけない。
パペオラどころか、それまで教えてくれていたというタヒチアン自体、とんべりが入ってからはちっとも教えていただけない。
こんなにタヒチが好きって言ってるのに、なんで?どうして??
欲求不満で気が狂いそう〜〜〜!
やっぱりタヒチアンはタヒチアンの教室で習わないとダメなんだよね。。。と鬱々としていた今日この頃なのだ。



そしてサードインパクトはやってきた。
新しいパレオを買おうと思ってネットをさすらっていた時のことである。
タヒチアンCDをたくさん売っているサイトに出会った。
Tapuariiのパペオラはないかとつらつら眺めていたら、
「ヒット曲"Aremiti Fa'ahee"と"Pape Ora"を収録」
ぎゃ〜〜〜〜、あったーーーー!
ここで会ったが百年め、速攻ポチして我が物とした!
よーーっし、このCDを新しい武器として教室に攻め入り、難攻不落のフラの先生を攻略するのだ。
今度こそ、"Pape Ora"ゲットだぜ♪(ふりー)

・・・と思ったら、なのである(涙)
CDプレーヤーでは聞けるのに、いざipodに落とそうとパソにセットしたら、パソの皿が不気味な音を立てガタガタ振動するのである。
何度も方向を替え、やり直してみるのだが、ガタガタはなんともならない。
パソが壊れたのかと思い、他のCDをセットしてみたのだが、これはスムーズに回る。
なんで?どうして??
音楽はほとんどipodでしか聞かないのに、こんなのありえない。
さっそく購入元に連絡したのだが、「コピーガードのせいだと思いますが」との連絡が・・・
コピーガードってこんなにガタガタ揺れるもんなの?
なんかもう、パソ壊れそうなんですけど・・・



どうしてかなー
なんでかタヒチとの接近遭遇はいつもスムーズに行かない。
いろんなことがあっさりさっくりと我がものとならないのである。
そういうところが『つれなき美女』のようで、ますます熱くなってしまう原因なのかもしれないけれど。
ドラマなんかもね、「はよハッキリせい!」と思いつつ、その思わせぶりなところに妙に引っ張られてしまうもんですよね(笑)
posted by とんべり at 10:41| 千葉 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 南の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰してまーす。
6/28、ロレンゾさんの東京WS決定しましたね。
またトンべりさんと姐さん(ちゃっかり私もそう呼ばせてもらいます*^^*)に会えるかも♪
と思うと、これまでのWSより楽しみです。

あれから教室見つけちゃいましたよ〜。
そして入門しちゃいましたよ〜〜。
そんな話もできたらいいな、と思ってます。
みんな参加するものと思い込んで(笑)

タヒチに行ってショーを観て惚れ込むなんて
素敵な出会い方で羨ましいです。

私が初めてタヒチを認識したのは
映画「ゾンビ伝説」ですよ!
タヒチの印象=暗い怪しい森でゾンビ作ってる
でした↓↓↓

次にタヒチを意識したのはアメリカ版ゴジラ。
友達に「南太平洋の核実験でゴジラ誕生だって。南太平洋って?」と聞いたら
「タヒチあたりじゃない?」って。
タヒチの印象=ヤバイ↓↓↓↓↓
今思うとちょっと間違ってるんですけどね〜。

ほんと、タヒチとの接近遭遇は一筋縄にはいかないですね。

早くお教室でタヒチアン教えてくれるといいですね。
これからシーズンだし、先生もその気になってくれるかも。


Posted by totora at 2009年05月18日 23:49
タプアリやサブリナはきっついガードがかかってるものがほとんどですよ。
あとMAC music paradisミュージックパラダイスが出しているCD。
あんまりがたがたさせるとマジでPC壊れまっせー。
しかし、今時時代遅れですよね〜(^-^;)
一部の悪いこと考えてる人のせいで個人で楽しみたいだけの人が迷惑を被るのは納得いきません(鼻息ふんふん)!
タプアリはどうか分らないですが1曲単位でダウンロード販売しているものもあるようです。
Posted by anapanapa at 2009年05月19日 22:31
>totoraさん
おおーー、ワーク絶対参加します〜〜
とんべり、最近、家ではフラ踊ってませんから。
ロレンゾ憑きになってGBT踊ってるか、寺Kyokoさんとベーシック練習してます(笑)
あと、マンション5階の自宅まで階段を上がり降りするとか。
星ヒュウマか明日のジョーか?(爆)

お教室ゲットしたんですね♪
あれからtotoraさんどうしたかなーと思ってました。
とんべりも教室を探したいのですが、あまり慌てて自分に合わないところに入ってもまずいので、ちょっと躊躇してるところです。
今度、奮闘記を聞かせてくださいね♪

totoraさんのタヒチとの接近遭遇は面白すぎです!!
とんべり、夜中なのにバカでかい声で大笑いしちゃったじゃないですかー
ゾンビ→ゴジラ→タヒチって、ごくフツーにありえないですよぅ(爆)
とんべりのファーストコンタクトはありきたりです。
ずばり、サマセット=モームの「月と6ペンス」
つまらねー(滝汗)
私もゴジラからタヒチに接近したかった!(悶)
Posted by とんべり at 2009年05月19日 23:01
>anapanapaさん
ええ〜〜〜、コピーガードってガタガタするんですか?!
知らんかったーーー(滝汗)
てっきりタヒチもんなのでCDが反ってるんじゃないかと・・・(おいおい)
販売元の人は、「何度かやってると録音できることもあるようです」なんていってましたが、何度もやったらパソが壊れるって〜〜〜
anapanapaさん、貴重なお話ありがとうございますm(_ _)m
おかげでパソの故障を未然に防げました〜

通勤のお供には使えそうにないですが、このCDでなんとか先生を攻略して、踊り狂いたいと思います!(鼻息)

Tapuariiの声って、英語で歌ってもフランス語で歌っても、どれもタヒチの雰囲気が漂ってませんか?
(いや、なまってるとか言うことじゃなくて)
Posted by とんべり at 2009年05月19日 23:16
ゾンビ、ゴジラ。。。→タヒチ
素晴らしいです。ヴァヒネタイチ様。
こうなったら次回は即トリオ結成です!
わたくしはゴーギャンですわ。お帽子をかぶった女ですのよ〜。おほほほほ。
本当に湿った場所でした。
タヒチとの縁は、私の場合はフランス経由でした。フランスに20年前に3回も足を運んだんです。
20年前にムーランルージュに魅せられ親の前で裸体で踊りました。外国なので許してくれました。
めぐるめぐるン十年です(とんべりさん、私は若くないです;;高校二年と中学二年の子供うんでます)

============================================================

タプアリイのcdジャケットが以前自分が乗っていたのと同じハイラックスで^^
お茶目で可愛いので親近感です。
とんべりさん、ラブな曲をデュエットしましょ。ヌシャントンアンディオ。
あほくせ〜世の中をぶっとばしちゃおう〜〜〜!

つけまつげも素敵です。とんべりさんは雰囲気バツグンでおめめがわびしいなんてこれっぽっちも感じませんでしたよ?毎日、銀座を闊歩なさってね!
まつ毛クルンクルンで腰グルグルクネクネカタカタですよ!
いいぞいいぞ〜。トンべりさ〜ん!

そしていつまでも息子さまとご主人様をビビらせましょうね。
ちなみに私は今年用に買った小さめビキニを前にして「今すぐ着ろよ!!!うひひ〜〜〜」と言われ、、、キモかった。。。
息子には嫌われました。さっそく砂浜で苛められ砂だらけに。優雅に寝ていたのに。

とんべり様、宇宙人ね!と言われません?私、言われます。

ふざけた、コメントで失礼いたしました;;
Posted by こゆき(ねえさん) at 2009年05月23日 00:39
多分同じCD持っています。
こちらはエイベックスシリーズなので
全曲日本語歌詞付です。でもジャケットモノクロ…。
とんべりさんが購入された方は、ジャケットがカラーでいいですね〜。
"Aremiti Fa'ahee"は「サーフィン・タヒチ」なる邦題(?)で
「サーフィンしよう、朝から夕方まで楽しもう♪」という内容です〜。

サブリナちゃんのコピーガードには、ホント!悩まされています。
ipodで聴けないのがイタイ…。
Posted by kay at 2009年05月23日 13:27
>こゆきさん
姐さんはフランス・ゴーギャン方面から接近したのですか〜
とんべりも「月と6ペンス」→「ゴーギャン」→「タヒチ」なのですが、小説に描かれるストリックランドの生き様には共感したもののゴーギャンの絵自体は理解の範囲を超えてました。
だって、色使いがすごいんだもん〜〜〜(@o@)??

でも、タヒチに実際行ってみて、ゴーギャンの絵に納得。
紫外線強すぎて、彩度の強いもんしか目に入ってこないですよね〜
タヒチにいるとコジワもシミも目立たない(爆)
その代わり、日本に帰国するとがっくり来ます。
いろんなことが細かく気になってしまう日本人体質は、湿気で和らいでしまう光線のやわらかさによるんじゃないかと思いますよー

姐さん、踊っちまったんですか?( ̄ー+ ̄)ニヤリ
実はとんべり、初めてタヒチに行った時、お部屋の中で半裸体写真の撮影を・・・
腰にパレオ巻いて、シェルレイ掛けて、ハイビを耳に挿して、(一応、手ブラして)
それだけなら、まあ世間様にご迷惑をおかけしてはいないのですが、その写真をうっかり友人に披露しちゃったもんですからね〜(滝汗)
誰も驚いてくれなかったのがショックでしたヨ(爆)
旅は人を開放的にしますな♪

「とんべり=宇宙人説」は、なかなか鋭いところを突いてますね♪
昔懐かしい動物占いでは「ペガサス」でした。(動物じゃねーだろ!)
ダンナは「コアラ」で、特徴「南の島でまったり好き」。
本人も周囲もみな納得♪
Posted by とんべり at 2009年05月24日 16:23
>kayさん
いいなーいいなー
エイベックス製ってことは、コピーガードはなしなんですよね?
コピーガードのせいでipod不可って、今時ありえないですよ(ぷんぷん!)
CDプレーヤーもMDプレーヤーも、すでに太古の遺物ですからねぇ・・・(持ってるけど)
こうなったら、自慢(?)の反芻力に物言わせて、脳内リプレイできるまで聴き込むとか・・・
ああ、ご近所と我が家族が気の毒ですぅ〜
しょっちゅう、塩っ辛い奇声とか、土俗的ドラム音とか、フラの楽器の音とか、ハイテンションなウクレレの音とか流れてますから。
南の島系は癒しミュージックなどと呼ばれてますが、度を過ぎればただ苦痛なわけで・・・

Tapuariiの歌が、ロシア的重圧的内容でなくて安心しました♪
うちのムスコ(当時小1)は、なぜかあの曲のことを「ウクレレ戦隊アレミティー」と・・・
なにか・・・共通点がある・・・??
Posted by とんべり at 2009年05月24日 16:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119660603
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。