2008年07月07日

なんかニューカレ♪

P7070015.jpgガソリンが高すぎる!!

かつてタヒチ移住計画を練ってる時に、足手まといになるマイカーは売り払ってしまった。
以来、ガソリンの値段なんて気にしていなかったのだが、最近わかってきたことがある。
ヒコーキは車より油を食うんだね・・・

どれ旅行でも行こうかと旅行会社のパンフを眺めたら、燃油サーチャージが、「なんだこりゃあ!」って金額になっていた。
しかも、どんどん上がっていく。じっと見つめていると、じりじり上がっていくのが目に見えるかもしれない。

もともとタヒチ旅行の料金自体が、「なんだこりゃあ!」って金額なのに、なんかもうこれって、庶民は家で垂れ込めてろよって言われてるようなもんじゃないの?

しかも、カピバラなムスコがいつまでたっても一緒にくっついて来ようとする。カピバラなだけに群棲の習性があるんだろうか。
マザコンとかってわけじゃなく、ただ「親抜き海外は金銭的にムリ」なんだそうで・・・(怒

人の懐をあてにしてるわけだね。
おかげで、大人3人分の旅費をまかなわなくてはならない。

そんなの、絶対タヒチなんか行けるわけないじゃん!!(びんぼー)

しょうがないから、フィジーのマナ島にでも行くか・・・
某旅行会社で「サーチャージ込み込みでぽっきり○○万円♪」なんて、怪しいキャバクラみたいな広告を打っていることでもあるし。
マナは、とんべりたちが南の島ラブになった思い出の場所である。
でも、たいていの場合、特別な思い出の場所は思い出のままにしといた方が無難だし、冷静に考えると今行って感動する場所かって言うと・・・(汗
なんてったって、あそこは日本人が多すぎて、どこに旅行に来たんだか良くわからないところがある。大枚はたいて、延々飛行機に乗って、そんなことでは悲しいではないか。
と、ぶつぶつ言っていたら、ダンナが「ニューカレってどーよ?」と言ってきた。
「けっこう安いよ。ポリネシアじゃなくてメラネシアだけどタヒチと同じフランス圏だし。飯が比較的うまいでしょう。」

飯がうまい!

これはとんべり一家にとって、とても大事なことである。
フィジーに行きたくない第2の理由は、飯のまずさ。
一例として、離島のホテルの朝食で黒焦げのサニーサイドが出てくる。(*)
「そこをどけ!自分でやる!」と調理場からコックを蹴りだしたくなったことは一度や二度じゃない。というか、コックは寝ていて、皿洗いのバイトにやらせていたようだ。
オーストラリア人客も、「これが人間の飯なのか?!」と怒っていたぞ。
本島の一流レストランだって、なんだか大味で、質より量って感じ。
うーん、とんべりたちのチョイスが失敗してるのかな?それとも、根本的に飯がダメなお国なのか・・・
元々イギリス領だしね。
今はオーストラリア人がいっぱいいるみたいだし。
どっちにしろ、あんまりご飯がおいしいってイメージがわいてこないよね。
ごめんね、どっちの国も行ったことないのにそんなこと言って。

(*)トレジャー島でのことです。マナ島は日本資本のホテルのせいか、比較的飯がうまいです。

ということで、ニューカレ。

タヒチとの絡みで、たびたび意識に上った島ではあるが、どうもニューカレと言うと、
「イルデパン島=日本人女子が大好き=なんかきゃぴきゃぴ♪」
みたいな先入観があった。
加えて、とんべり一家はポリネシアが好きなんであって、ミクロネシアとかメラネシアはフェチじゃないもん!みたいなこだわりがあった。
南の島のことを「タヒチ!タヒチ!って騒いでるけど、タヒチだってグアムだってフィジーだって海しかなくてヤシばっか生えてる所じゃん。一緒じゃん。ばっかじゃねーの?」と思う方々には、絶対理解していただけないことだとは思うが、フェチにとってこういったこだわりは、とっても大事である。ディテールは大問題なのである!
とはいうものの、先立つものがないんじゃしょうがないので、それじゃ一丁、ニューカレでもググって見るか〜ということになった。

するとまず、タヒチとの比較みたいなもんが出てくる。
あ、やっぱねー おフランス圏だよねー
で、「プチパリ」なんて表現が出てくる。
マジでー?田舎の「何とか銀座」みたいで、なんか胡散臭い。う〜ん、でもそういう胡散臭さは好き♪
「タヒチ=観光地 ニューカレ=田舎」って書いてある。
えー、タヒチより田舎なんだ。なんかすごいかもよ。
「イルデパン島・ウベア島=日本人わさわさ&有名観光地 マレ島・リフー島=日本人少ない&田舎」
なんだ、そういう面白そうな島もあるんじゃん。

ということで、どうしてか「田舎」というキーワードに誘われて、ニューカレに行こうと言うことになってしまった。(爆

さて、旅行会社選びである。
今まではなんとなくサウスパさんに頼むことが多かった。
でも、最近では、パラオはJALの臨時直行便&ホテルパック、ハワイはJTBでお願いしてる。
サウスパも以前とは変わってしまったという話だ。
なんかもう安かったらどこでもいいや、カピバラもくっついてくるしな、と思っていたが、インターネットってすごい!
あれこれ探っていたら、面白い会社を発見した。

「冒険の島」
なんと良い名前ではないか!
とってつけたみたいな横文字じゃないとこが、新鮮〜
しかも、「冒険」だし「島」!
とんべりの中の少年を大いに刺激してくれる♪

代表の佐倉さんという人が、すごくフェチっぽい。
サウスパでは、あれこれ聞くとなんとなく嫌がられていたのだが、佐倉さんは「もっといっぱい聞いてください!いろいろ知ってます!」みたいなところがあって頼もしい。
しかも、こちらの好みをお話しすると、ずらずらずらーっとお勧めの島やらアクティビティーやらホテルやらが紹介されてくる。

そして、安い。
値段の徹底比較をしたわけじゃないけれど、自分が見た中では本当に安かった。
旅行保険も安いところを紹介してくれる。
旅行保険、高いよねー
こういう細かいサービスって最高♪主婦感激!

で、まあ滞在先をどうしようかということになったんだが、とんべり、旅行の直前に仕事でお子さん方をキャンプに連れて行かなきゃならないことになっている。
しかも幼児・・・
ちょっと考えただけで、目の下にクマができそうな気分だ。
絶対ものすごく疲れてるはずだから、あちらではのんびりゆっくりしたい・・・ということで、マレ島をチョイスしてみた。
マレ島は狭くて、村がろくになくて、ホテル前でシュノーケルするとか、島内ちょこっと観光に参加するくらいのアクティビティーしかない。ダイビングショップもない。
すると佐倉さん、なんだかリフー島がお勧めっぽい口調である。
「文化交流するならリフー!」とおっしゃる。
「あそこにはでかい村があって、(とんべりが大好きな)ローカルのスーパーがあって、刺激があります!」
いや、それは確かに文化交流は好きだと言いました。
言いましたが、最近、算数先生とか同僚のオージー、ピーター君(仮名)と、摩擦係数の異状に高い異文化交流がありまして・・・
しばらく文化交流とか刺激はお休みしてもいい気分なんですよぉ。すんません〜
そういう私に、佐倉さんは妙にがっかりしているようであった。

が、私たちの流れはリフーに向かっていたようだ。
結局、マレのホテルは取れなかった。。。

わかりました!
行きましょう、リフー!
国際免許も取りましょう!
左ハンドルで田舎道を暴走しましょう!
ダイビングもがんばりましょう!
片言のフランス語で文化交流しましょう!
嫌いじゃないんですよ、文化交流。
摩擦がそんなになければ。
だからこんな仕事もしてるわけでしてね。。。

さてさて、そういう流れで、なんかニューカレ♪
一体どういう旅になるのかな?
posted by とんべり at 23:49| 千葉 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 南の島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年はNCですか!いいですね〜(^-^)
タヒチより田舎なのですか?
わたし的にはタヒチより洗練されておしゃれな印象なんですが(行った事はない)。
まあ比べる場所によっても違うのでしょうね(笑)。
冒険の島、NCについては確かうちのブログにいらっしゃるMさんが詳しかったような・・・
出発は来月(←あてずっぽう)?
楽しみですね〜!
Posted by anapanapa at 2008年07月08日 11:23
>anapanapaさん
私もニューカレの方がおしゃれっぽいイメージを持ってたんですよね。なので、「タヒチより田舎」という感想にはちょっとオドロキ!
この目で確かめてこなくてはならないと思いました。(笑
また、ヌーメアは面白いというコメントとつまらないというコメントがあり、同じ場所に行っても人によってぜんぜん違うものを見てくるんだなーと、なんか面白かったです♪
Mさんのサイトに今度おじゃましてみます♪(もしかしたら、もう通り過ぎたかもしれません。けっこうあちこちさすらいましたから〜)
出発は8月4日です。
その前のお仕事キャンプで燃え尽きないように・・・上手に手抜きしたいと思ってます。(爆
Posted by とんべり at 2008年07月08日 21:44
こんにちは。はじめまして。
ニューカレ、バヌアツに行く途中にヌーメアとイルデパンに立ち寄ったのですが、タヒチにはいったことがないので比較はできないモノの、一大観光地の割には、地味だと感じました。でも、ひどく観光地観光地してなくて、落ち着いていて好きです。
実は、観光地であるだけでなく、鉱山の島でもあるんですよね。
Posted by AGT -同じ青空の下で- at 2009年03月19日 19:54
>AGTさん
せっかくコメントいただいたのに、カメで申し訳ありません・・・m(*_*;m
大変具合が悪くなりまして、ここ一月ほどひどい生活をしておりました。

ニューカレを地味だと感じたAGTさんが、タヒチに行ったらいったいどういう感想をもたれるか、大変に興味があります!
ヌーメアとイルデパンは、ニューカレの中でもにぎわっている界隈で、とんべりが行ったリフー島などは、原始の島(っていうか恐ろしい野犬の島?)というイメージです。
フィジーは、カレーの香る中、インド人のぼったくり屋があこぎな商売をし、メラネシアンは道端に生えてるハッパを巻いて吸ってるイメージが・・・
タヒチは、ペンションというと聞こえはいいけれど要するに海の家に毛が生えた宿屋で英語が分かってもらえず、なぜか、いろんなものが中華テイストだったりします。
マガザンのおばちゃんが「ジャポネは英語が読めるでしょ?このケータイ、使い方が英語でわかんないから解説してよ」と渡されたケータイが中華模様でのけぞります。
首都の免税店のくせに、閉店してるんじゃないかと思うほどしょぼいです。
バスはトラックを改装して作ってあり、サスペンションの硬さは半端ないです。それで地獄のようにスピードを出します。それでもって、道路がデコボコです。
こんなとんべりがヌーメアに行った時は、間違ったところにきてしまったんじゃないかと思い、脚がガクガクしました。

快適かというとちょっと考えてしまう所がありますが、タヒチもフィジーも面白いですよ!
リフー島も野犬さえなんとかクリアできれば、まあ居心地がいいです。
ぜひ、行ってみてください♪
Posted by とんべり at 2009年03月30日 18:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101899737
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。